京都 亀岡牛 牛かつ商店街 > 牛かつ商店街とは?

亀岡は、美しい水と空気にめぐまれたのどかな田舎町です

京都市内から9号線を北西に進むと峠道になり山深くなってきます。老いの坂トンネルを出ると高低差のある山々とその地形に合わせて作られた棚田。

晴れた日には空はどこまでも遠く、夕暮れにもなるとその時間とともに変わりゆく自然の大パノラマに人々は魅了されます。

本当に美味しいものは亀岡にある

亀岡盆地の北東部から北部にかけ愛宕山山系がそびえ立ち、冬の早朝は霧深くこの土地の風物詩になっています。

寒暖の差の激しい気候と山々の湧水、ふくよかな土に恵まれた亀岡は農業に適しており、京野菜の他、丹波黒豆、馬路大納言小豆、丹波栗、丹波松茸等、多くの農産物が生産されています。

また亀岡がもっとも自慢とするのが亀岡牛。亀岡牛生産農家は、他のブランド牛よりも2ヶ月〜半年ほど長く大切に飼育して牛が成熟するのを待ちます。夏と冬の気温差は 35℃以上と牛には優しくない環境ですが、その環境が身を引き締め、とても美味しく格別な味になります。

亀岡牛枝肉振興協議会では、安全な亀岡牛を皆様に安心してご賞味頂けるように、京都亀岡牛 牛かつ商店街加盟店に認定証を展示しています。また、お肉には亀岡牛証明シールを発行し、個体識別番号により検索して頂けます。

亀岡牛の条件

  1. 黒毛和種であること。
  2. と畜から遡って14ヶ月以上、亀岡市内において肥育されたこと。
  3. 亀岡市食肉センターでと畜されたこと。
  4. 亀岡牛枝肉振興協議会が適当と認めるものであること。

亀岡が生み出す本物の味を是非ご賞味下さい。

京都亀岡牛 牛かつ商店街とは?

京都亀岡牛 牛かつ商店街は商店街の活性化と亀岡牛や亀岡野菜の知名度アップを目的に企画された亀岡駅前商店街振興組合のプロジェクトです。

JR亀岡駅の北口の風景とは打って変わって南口を出ると地域の人たちの生活スペースになっています。中には城下町の風情を残した通りもあり、歴史ある商店も軒を並べています。またつるつるぬるぬるの湯が特徴的な湯の花温泉もございます。

そんな亀岡へは京都駅よりJRで約20分、高槻市、茨木市からは車で約40分と交通便利な場所にあります。また、保津川下りにトロッコ列車、京馬車など、自然を満喫しながら移動を楽しめるツールも多数ございます。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。